人気ブログランキング |

Paradise & Lunch(胃がんの記録)

hottuna.exblog.jp

愛犬ショコラが天に召され、淡々と過ごす日々だったが2016年8月に胃がん手術、闘病記となった。(2011.7.Sep)

ブログトップ

血液検査

本日、血液検査をしました。
結果、コレステロール値が基準値を下回る結果が出たのでリボバスは飲まなくても良くなった。
総コレステロールは219までの範囲が合格点だが201とギリギリという数値である。
この薬、飲むと体調が悪くなったりしていたが、止めたら味覚障害が治った。薬の副作用は恐ろしい。中性脂肪は258ぐらいあったが43と激減した。コレステロールは肝臓で合成される。
そのスタートとなるのが脂質・糖質・タンパク質の分解過程でできるアセチルコエンザイムA(アセチルCoA)という物質です。
コレステロールを1個つくるには、18個のアセチルCoAと多くのの酵素反応が必要で、多くのエネルギーや還元剤を消費します。このためコレステロール合成は、アセチルCoAが十分蓄積できる休息時に盛んです。また大量に食べたり、砂糖を多く摂取してエネルギー源を急速に摂り入れた時も、コレステロール合成は盛んになります。(日本食肉総合センターのページより)
主に寝ているときに作られるそうで、大量に食べた時と夜に沢山食事をとるとまずいような気がします。自分では動物性脂肪などカップ麺など病気以後は全く若しくはほとんど食べていないのに意外とコレステロール値があるのにショックを受けています。体質、遺伝かなW
卵を食べないとかでは無くて体内で合成するっていうのがコレステロールの制御を難しくしているようです。困ったものです。
引き続き血栓予防薬プレタールは動悸がする副作用があるが継続して飲んでいる。
トラックバックURL : https://hottuna.exblog.jp/tb/20783034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by eday_eday | 2015-01-22 19:24 | 病気(胃癌など) | Trackback | Comments(0)