人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Paradise & Lunch(胃がんの記録) hottuna.exblog.jp

愛犬ショコラが天に召され、淡々と過ごす日々だったが2016年8月に胃がん手術、闘病記となった。(2011.7.Sep)


by eday_eday
プロフィールを見る

胃全摘出後の食事への執着


胃全摘出後、胃が無いので多くは食べられない。
テレビ番組では大食いだの散歩しながら食べ物屋に立ち寄るグルメ番組など
食べ物を材料にしたものが非常に多い。
食事は大きな楽しみであり番組は
食べられない人もいることなどお構いなしである。
コーラやビールをがぶ飲みしたり、肉にかぶりついて食べる
映像を見る度につくづく胃があることの大切さを感じる。
もう一度、暴飲暴食がしたいという願望が募る。

また、街中で太った人を見るとデブだと思うよりも羨ましくなる。
実際には太りすぎは不健康なのだろうが健康そのもののように見えて羨ましい。
胃を取ると太ることがどれだけ難しいかが良くわかる。

食べられないのだから食欲も減りそうなものだが
わたしの場合は食べることへの執着が強くなっている。
食欲が無いときも当然あるがどちらかというと今のところ旺盛といえる。
胃は、食欲を促進するグレリンを分泌する臓器であるそうで、
切除されることでグレリンが激減し食欲不振になったりするようだ。

わたしの食欲,貧欲性は味覚障害から来ているのかも知れない。
スーパーなどで何か目新しいものを見かけるとひょっとして
美味しいのではと思ってしまう。
食べてみて何だとがっかりすることもあるが、食への強い期待感が
食欲へと繋がっているようである。
この間アーモンドミルクが売っていて買って見た。
これはおいしく飲めた。
暫くアーモンドミルクを暫く飲むようになるとこんな具合である。
癌に効くと言われているにんじんジュースを飲もうと
スロージューサーを買おうと思ったが
すぐに飽きると思って止めた。

胃の無い場合は食事を5回ぐらいに分けて
こまめに食事をするようにして栄養を補うように
アドバイスされる。
これはしかし難しい。例えばお昼に食べて3時に食べて7時頃に
食べようとすると夕食の7時頃はお腹が空かない。
また、7時の後9時頃だとこれもお腹が空かない
なので結局朝、昼、晩の食習慣を守ることになる。

また、食べるものが偏って来る。
胃全摘出後は白米が食べられなくなった。
白米が美味しくない。不思議と味が付いた
焼きおにぎり、梅のおにぎりなど濃い味のものは食べられる。
但し、おにぎりとラーメン、お好み焼きは食べ方が早すぎると
ダンピングの原因となるので注意のいる食べ物だ。従って、あまり食べていない。

また、干物が好きだったのにあじ、鯖は生臭く食べられなくなった。
但し、寿司、刺身は食べられる。また、
煮魚のカレイやしゃけはまだ食べられる。
また、好きだったカレーは味が変で食べなくなった。

従って和食は殆ど食べなくなったが晩御飯は次のようなものに
なることが多い。
何故か水分の多いタイカレーやインドカレー、チゲ鍋は食べられる。
一方、チーズ類、グラタン、シチュー、ミネストローネ、ピザ、バンバーグ、とんかつ
タンドリーチキン、フライドチキン、ビーフステーキ、レバー、
マーボー豆腐、青椒肉絲、あんかけ焼きそば、餃子、シューマイ、焼き鳥
スパゲッティ・アラビアータ、ボンゴレ
など肉類、中華、ホワイトソース、トマトソースベースの料理は
味覚障害の影響はあまり無いようだ。

また、昼は外食は避けて持ち帰りのハンバーガーやチキンナゲットが中心になって
しまった。たまにおにぎりも食べる。
会社でダンピングに見舞われたこともあったが最近は
食べ物も固定しているのでダンピングしない実績のものを取っている。

朝食は、食パン半枚、ベーコンかソーゼージ、目玉焼き2個
トマト、レタス少々と調子が良いとキウイやグレープフルーツを食べることもある。

癌の前は朝食はほとんど取っていなかったが
栄養を取るとの強迫観念もあってかなり食べていると思う。
間食ができる食欲があるときはヨーグルトやビールとナッツ類を食べる
こともある。

いろいろ食べ物を書いていたら結構何でも味覚障害とは言え食べているんだなと思うが
なにか味が変なときもあってがっかりすることもある。

すべてが癌から始まったことかも知れないが、失ってから事の重大性に
気が付くものである。頭で考えることと体が感じることではその真の重みは
大きく異なる。
食べることがこれほど重要で大切で大変なことだとは思っていなかった。
かなわぬ事だが、ビールがゴクゴク飲みたいし、ラーメンをつるつる食べたい。


にほんブログ村






by eday_eday | 2018-07-08 17:02 | 病気(胃癌など)