人気ブログランキング |

カテゴリ:独り言( 52 )

森友学園、加計学園がうやむやのまま、ニュースでは「紀州のドンファン」の話ばかり、
米朝首脳会談が終わりいつしか「高プロ法案」は強行採決か、ワールドカップでセネガルに引き分け
拉致問題はどうなる!。。。
なんだか目まぐるしくて物事をゆっくり考える時間が無く、無関心さだけが残る。
ちこちゃんに叱られる「ボーっと生きてる自分」
無関心や忘れてはいけないことがいっぱいあるのに。。。。
肝心なことは進まず。なにか常にむなしく時間だけが過ぎ去る日本。


にほんブログ村

by eday_eday | 2018-06-25 13:31 | 独り言 | Trackback(137) | Comments(0)

老人

老人には時間が無い。
いやいや沢山の時間があるだろう。
無い時間の中の自由な時間が無下に過ぎる。
いつまで俺は正気でいられるのか
日々、頑固になって行く自分を見つめる。
明日の事、1週間後の事、1か月後のことは何もわからない。
昔は自然とあった気力が今では自然と日々抜け出て行く。
時間の中に消えて行く気力を取り戻そうとする気も失せている。
これが老人なのか
楽しみを感じることが難しくなり頑なになって行くことが
更に老化を自覚させる。
死にたくないが死んだ方が良いと思った方が腑に落ちる。
弱って行く身体はどこまで持つのか?
何か暗いことを言っていますが、1日中眠気にさいなまれ
不快感があります。
恐らく、胃を切り取ったことが原因です。
この疲労感は一生解消されない絶望感が
暗いことを言わせている。
多くの人は前向きにがんでも生きているというのに
不甲斐ない気持ちです。

a0240026_17553389.jpg


by eday_eday | 2018-02-20 18:41 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

健康から世界を見る

a0240026_20292606.jpg
健康に対する認識は人それぞれで異なるが病気になったときに健康の大切さに気づき、考えさせられるものである。
自分が病気でなかったら他人の病気は他人事で済ませられる。
何事もなければ健康が当たり前と思うことは傲慢さなのかも知れないと思うようになった。
三原じゅん子議員が受動喫煙に関して「働きながら治療するがん患者は店を選べない」と訴えた際、
大西英男議員が「働かなければいい」と言ったことは記憶に新しく、彼の傲慢さ示している。

健康状態でいる人間は人の苦しみというものを理解することには疎いものだと思う。
だから平気で生きていけるということなのかも知れない。
人は動植物の命を食して生きているし、過労を放置して
過労死を起こしているブラック企業も人の命を食べて生きているに等しい。
人や生物の存在価値に関心を持ち自分以外の生物が自分を支えてくれている
ことに気づき感謝すればもっと人や動植物に優しい世界になると思うのだが、
現実には人は他人や他の生物に対する生命に関して無関心でいられる。
中東で戦争が起きてもヨーロッパでテロが起きて多くの人が犠牲になっても
どこか遠い国の他人事だと思っている。
世界には健康に暮らしたいと思っても暮らせない多くの人がいる。
「健康に生きることとはこの世界をどう構築してゆくことにも
繋がると言えば大げさだろうか?」
健康に問題があれば多くの資産・財産をもっていても
それを投資、蓄財しようが、消費しようが何の意味もなさない。
無理して蓄財に努めても病気の治療や働けなくなって財を失えば
本末転倒というものだろう。皮肉なものである。
また、どんなに身体を鍛えても、健康に良い食材を摂取しても
病気になるときはなるので理不尽なものである。
しかし、健康に務めることには意味がある。
生命体として生存している言うことは経済的に自立している
ことは勿論のことだが生物的にも健康な状態で自身の体が
維持されていることは自身の体の働きに感謝すべきである。
病気になったり、年を取り体が老化すると物事をより深く
考えるようになるようだ。今まで関心が無かったことが
切実なことだと思うこともある。

死と言うものを近くに感じることがそうさせるのか
何か一貫性をもって自分が生きてきたのかなど
気になって来る。社会に責任を持つ必要性など
あまり考えてこなかったがもっと別の生き方
もあったのではないか、もっと生きる意味を考えて
人生を送るべきだったのではないのかいささか
哲学的な心境の自分がいるのはおかしくもある。
健康な暮らしができること、誰でも健康に暮らしたいと考えているだろう。健康になるために何をすべきか考えれば自ずと何をすべきか見えてくる。健康を尺度として世界を見ると
「ミサイルを打ち上げれば国民の健康な暮らしが補償されるのか」
「内戦のシリアは戦争に勝利すれば健康な暮らしが取り戻せるのか」
「地球温暖化対策の国際ルール”パリ協定”から米国が離脱すれば
米国民の健康な暮らしが約束されるのか」
健康を軸にして考えると人類の愚かさが見えてくる。


by eday_eday | 2017-06-08 15:17 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

理解できない。人たち

「われわれがこの学園を作り上げようとしたのは、皆さん方の御意志があってこそだと思っています。しかもその御意志の中には、誠に恐縮ですが、安倍内閣総理大臣の寄付金が入っていることを伝達します」 3月16日午後に行われた参院予算委員会による視察。その場で、学校法人森友学園の籠池泰典理事長は胸を張ってこう述べた。との記事を読んで滅茶苦茶だと呆れる。戦前回帰のような教育勅語を園児に暗唱させる森友学園、昭恵夫人は記念小學院の名誉校長に就任などなど安倍首相の右傾化との接点がこんな理事長ともあったのかと思うと恐ろしい。安倍首相もとても迷惑しているのだろう。安倍首相の家系は麻生太郎外務大臣と親戚関係にあり、日本の天皇家や財界側の立場の家系なので当然この国を天皇中心の国家として再構築しようと考えるのは当たり前である。庶民から見ると安倍首相の思想は理解できない。庶民を苦しめた戦争から戦後日本人は何を学んだのだろうか? アメリカに低姿勢の日本政府と安倍首相の「戦後レジームからの脱却」がどうかみ合っているのか不思議に思う。
by eday_eday | 2017-03-17 15:55 | 独り言 | Trackback(27) | Comments(0)

安保保障関連法案

安保保障関連法案が可決された。
有識者が違憲と言っている中、国民の平和と財産を守るため
という大義名分のもと大多数の国民が反対や懸念を抱いている中で、
この法案での平和と財産を守ることは必要ないと考える国民に対して
法案は可決された。
阿部政権の言う国民って誰なのか?
by eday_eday | 2015-09-17 19:32 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
全く次元の低い話である。小渕大臣の辞任は語るにも落ちる事件である。親の基盤で世襲で政治家になったが政治家の意識について日常の自覚が無く、故小渕首相の取り巻き連中の利害も含めて政治家とならせてもらった感が露呈した。親族企業からの購入などやっていることが田舎丸出しで国民の視線などには無頓着、緊張感の無さはあきれ果てる。地元ではかわいそうなどとの声が上っているのだろうがそう言うことをいう情けない人達に支えられている政治家。うちわ配ったさらに低次元人も辞任したがあまりにも政治をバカにしてないか?この人が日本の政治の中枢を担おうとしているのだから。。。野党も鬼の首を取ったようなことで任命責任を追及というが何も政治を実行することのできなかった民主党も低次元。いつまでも問題山積で先行きが暗い。座して死を待つような政治の横行。 国民も含めて日本村社会から離脱できる理念を形成できる精神的成長がこの国民には求められている。
by eday_eday | 2014-10-20 19:13 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

8月の空

本日は晴天、気持ちの良い風が吹く中ウォーキングに出かける。汗をかき空を見上げると青空に低い空に綿のような雲が浮かんでいる。朝4時半は日の出前で白々と明るく気温も低い。
a0240026_843122.jpg

a0240026_87464.jpg

by eday_eday | 2014-08-05 08:04 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

熱中症?

昨日、朝から眠く、トレーニングをしょうと体育館へ行きストレッチした後、気分が悪くなった。立っていられなくなった。こんな事は無く不安である。食事制限もしていることから夏バテしたのかも知れない。今日は元に戻った。
by eday_eday | 2014-07-17 18:24 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

風邪

三月の下旬から1週間ほど風邪をひいた長い風邪だった。去年の夏もかなりひどい風邪をひいた。以前なら2、3日で全快していたものが最近どうも酷くなって体力が落ちて来た。年か?
by eday_eday | 2014-04-11 07:40 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

浅田真央

浅田真央のフリーを見て涙がこぼれた。世の中にこんなにも素晴らしい人がいるなんて!メダルとかの問題じゃなくて浅田真央という人の生き様を見せてもらった。
by eday_eday | 2014-02-21 19:48 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

愛犬ショコラが天に召され、淡々と過ごす日々だったが2016年8月に胃がん手術、闘病記となった。(2011.7.Sep)


by eday_eday