人気ブログランキング |

Paradise & Lunch(胃がんの記録)

hottuna.exblog.jp

愛犬ショコラが天に召され、淡々と過ごす日々だったが2016年8月に胃がん手術、闘病記となった。(2011.7.Sep)

ブログトップ

カテゴリ:最高のミュージシャン( 6 )

Blue Öyster Cult(6)

blue oyster cultは1967年にアメリカで結成されたハードロックバンドである。ギター3本でギンギンになり響くサンドは圧巻であるが、基本的にはメロディアスでキャッチな曲が多く聞きやすい。Godzillaなどは日本語のナレーションが入っていてB級バンド感がたまらない。特に(Don't Fear) The Reaperは今ではギターソロの部分は古臭い感が否めないが、曲の壮大さと美しさは彼らのセンスの良さを物語っている名曲である。片隅にいる感はあるがすばらしいバンドである。
Blue Öyster Cult(6)_a0240026_19144934.jpg

by eday_eday | 2012-07-26 22:29 | 最高のミュージシャン | Trackback | Comments(0)

War(5)

War(ウォー)は1968年にカルフォルニアで結成されたFunkバンドでロック、ブルース、ジャズ、ソウル、ラテン、レゲェ、R&Bなどを重ね合わせた乗りがよく重厚であり泥臭さを保った独特なサウンドを表現する唯一無二のバンドである。ボーカル、コーラス、パフォーマンスどれをとっても一流のグルーブ感を放っている。 All day music,Spill the Wine, City, Country, City,Slippin' Into Darkness,The Cisco Kid, The World is a Ghetto, Why Can't We Be Friends?などすばらしい曲を残した。The World Is a Ghettoは彼らの代表作であり今も昔も良く聴くアルバムである。
War(5)_a0240026_2139266.jpg

by eday_eday | 2012-04-26 21:26 | 最高のミュージシャン | Trackback | Comments(0)

The J. Geils Band (4)

J. Geils Bandは史上最強のロックンロールバンドだと思う。根底にはR&Bやブルースのスピリットが基盤としてあるので安っぽさが全く無い。その音はどっぷり汗を書くように心地よい疲労感を感じる。ピータウルフのインパクトのある派手で黒っぽいボーカルとマジック・ディックのハープシコードを裏で支えるガイルスのギターとグレインのベース、ブラッドのドラムス、ジャストマンのキーボード、あまり有名ではないがすばらしいバンドである。写真はフルハウスという2枚目のアルバムでLIVEである。まるで会場にいるような感じがする好盤である。
The J. Geils Band (4)_a0240026_20172137.jpg

by eday_eday | 2012-03-21 19:54 | 最高のミュージシャン | Trackback | Comments(0)

Steely Dan(3)

スティーリー・ダン(Steely Dan)は個性的なグループである。初期はポップで乗りの良いロックをやっていたが、次第にJAZZ色の強い洗練されたものになってゆく。癖のあるノスタルジーを感じさせるメロディラインはスティーリー・ダンの真骨頂で彼ららしさのある独特な雰囲気を持っている。ドナルド・フェイゲンのとぼけたようなボーカル(本人はボーカルをとるのはためらっていたようだが)と相俟って安らぎと緊張感を同居させた音世界を創造している。Pretzel Logic 、Katy Lied あたりが好きだが、Ajaあたりが評価が高い。スティーブ・ガットやラリー・カールトンなどフェージョン系ミュジシャンを参画させアルバムのクレジットを見ると意外なミュージシャンが見出される。
Steely Dan(3)_a0240026_18233514.jpg

by eday_eday | 2012-02-21 18:22 | 最高のミュージシャン | Trackback | Comments(0)

Frank Zappa(2)

この人の音楽性って何だろうハードなロックがジャズのように展開される。ジャズかロックか解らないZappaと言う音楽、その音楽は不思議な格調を保ち続けている。好きな人にはたまらないミュージシャンだがわからない人にはなんとも理解しがたいものだろう。どうしようもない歌詞は皮肉たっぷりで、攻撃的で不快に思う人も多いだろうがお構いなしなのがこの人のすごいところだろう。歌詞がわからないから日本人には都合が良い。Freak Out 、Chunga's Revenge、Waka Jawaka、Sheik Yerboutiなど最高!特にOne Size Fits Allのザッパのギターは素晴らしい。。。

Frank Zappa(2)_a0240026_20484114.jpg

by eday_eday | 2012-02-20 20:47 | 最高のミュージシャン | Trackback | Comments(0)

Sly & The Family Stone(1)

最高のミュージシャンとして10のアーティストを選んでみる。恐らくは70年台に活躍したメジャーとは言えるが万人が知っているとはいえないミュージシャンを取り上げてみる。ビートルズも無ければ、ツェッペリン、ジェームス・ブラウンも居ない。しかし、確実におもしろかった人たちを選んで見る。

70年台に活躍したスライ・ストーンをリーダーとした黒人と白人の混成バンド、今日の黒人音楽ヒップポップやロックのみならずジャズに多大な影響を与えた。その独特なグルーブ感は強烈なオリジナリティを放ち、時代を超越したシンボリックな普遍性を感じる。単純で本質的ともいえる呪文のようなフレーズは頭をパススルーして直接体に響く。Runnin' Awayのやさしく雄大なミドルテンポの癒しのサウンドやI Want To Take You Higherの霊術的な、邪悪でアーシーなサウンド、こんな音を良く作りだしたと感心する。Sly自身は麻薬中毒で廃人寸前の状態で本人とっては不幸であったがそれと引き換えにインパクトある音楽を歴史に残したといえる。下はSlyの調子が良かった時代の最後のアルバムFreshこの中の曲 If You Want Me To Stay を聞いてみると良い。
Sly & The Family Stone(1)_a0240026_19431765.jpg

by eday_eday | 2012-02-06 14:48 | 最高のミュージシャン | Trackback | Comments(0)