人気ブログランキング |

<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

TS-1を止める決断

a0240026_20265164.jpg
4月にふくらはぎから太腿が浮腫み、腹水もたまる異常な状態となった。
原因が掴めないので抗がん剤は休止された。
浮腫みの原因が外科では、TS-1の副作用とも考えられるが極めてまれ
なので心臓に問題があるのではないかと疑い
心臓の検査をして欲しいと言われ循環器科で検査を受けた。
確かに心臓はST低下などと言われて正常ではないことは承知していた。
これは祖母や父親とその兄弟及び子供も含め恐らく遺伝的に心臓に問題がある。
特に父の兄弟では心不全で60代でなくなっていたり、皆心臓が原因で
他界している。
心臓の検査は自転車を漕いで心臓に負荷をかける検査や
心エコー検査などを行なった。
検査結果は心室の動きが悪い部分があるとのことだったが
詳しい原因は掴めなかった。
更に詳しい検査をするために
7月20日に3日間入院して冠動脈と心臓のカテーテル検査を
行なった。造影剤入れて検査を行ったが冠動脈については
詰まりなどは無く問題ないとのことだった。
心臓の動きは正常の人の70%ぐらいのポンプ能力とのことだった。
循環器の医師によると抗がん剤の副作用の中に心不全の報告も
あるためTS-1の副作用で心臓の動きが悪くなった可能性もあるとのことだった。
循環器の医師から外科の医師へもこの結果は伝えられ
8月28日に外科行き、今後の治療でTS-1を止めるか否か
判断を求められた。すぐには返答はできないので8月4日までに
結論を出すことになった。
最近の体調は、抗がん剤を飲んでいた時と比べ身体を動かしたい
気力も出てきた。運動すれば体力もついて来るような活発な気分になった。
以前は坂を上ると息切れがしたが現在は全くなくなった。
TS-1を中止してから息切れがしなくなったので具合の悪さはTS-1が関与して
いたのではなかろうか?
血液検査で白血球、赤血球数はまだ完璧では無いが上がってきている。
再び抗がん剤による息切れ、動悸などの不快感、倦怠感は味わいたく無いのが正直な気持ちである。
<先ずは
止めた場合に思うこと
・抗がん剤を止めたばっかりに再発したという後悔。
・リンパ節転移があったことの不安
継続した場合
・再発しない可能性が上がる(奏効率)。
・TS-1が再発を防止する確証はない
・副作用が強く、生活のクオリティが著しく低下する
 やる気が出ない
 視力が落ちて運転免許の更新が危うかった。
 坂道を登ると途中で息切れがして辛い。
 味覚障害がおきて味が変わってしまった。(食慾不振)
 毎日、気分が優れない。
 立ち眩みがする。
 浮腫む(TS-1の心臓への影響?、リンパ節郭清をしたから?)
・病理的な問題
 白血球、赤血球の減少で別の病気にならないか心配
 心臓への抗がん剤の影響はなかったのか疑問(もしあれば副作用が怖い)br>もし、再発したらそれは運命として諦めよう。
TS-1を止めようと思う。

by eday_eday | 2017-07-28 11:57 | 病気(胃癌など) | Trackback(27) | Comments(0)

心臓カテーテル検査

20日~22日に入院し心臓のカテーテル検査を受けた。4月にひどく浮腫んでしまい心臓が原因で浮腫みがでているのではないかとのことが発端で検査することになった。
足の付け根から静脈と右手首の動脈へカテーテルを挿入し、心臓まで管?(カテーテル)を入れて造影剤を注入して冠動脈や心室内部の動きを見る。あまり、気持ちの良いものではない。結果としては冠動脈の詰まりなどは無く、ステンドで拡張する手術はしなくても良いとのこと。しかし、心室については動きの悪い個所があって正常の人の70%ぐらいのポンプ機能だという。検査中に医師より心臓組織を切り取って調べる検査をしないかと言われたが怖いのでお断りした。ポンプ能力の低下原因は結局のところ解らず今後、外科で抗がん剤を続行するか否か判断されるが、体の調子が戻って来た現在、再開はためらわれるのが現在の心境である。癌再発も怖いし、抗がん剤も怖い。

a0240026_20103974.jpg

by eday_eday | 2017-07-26 07:30 | 病気(胃癌など) | Trackback

調子がなんだか悪い

手術後316日目、抗がん剤を中止してから何日目になるんだろう。抗がん剤を止めているので体力的には筋肉が付き始めているような気がするが気分は良くない。朝食事をすると夏なのに指先が冷たくなって眠くなる。低血圧なのか浮腫みも利尿剤を止めると自力で浮腫みを解消できない。心臓が悪い?確かにどこががおかしいことは確かだがわからない。心臓の冠動脈を造影剤を入れて検査するが、冠動脈のどこかが詰まっているのではないかなどと医者は思っているらしい。もし、そうならばステント手術を受けることになる。憂鬱!!!

a0240026_2011371.jpg

by eday_eday | 2017-07-04 20:59 | 病気(胃癌など) | Trackback | Comments(0)

愛犬ショコラが天に召され、淡々と過ごす日々だったが2016年8月に胃がん手術、闘病記となった。(2011.7.Sep)


by eday_eday